空想の域

あくまで個人の感想です

Wikipediaの「リンク6回で好きなページに行く遊び」を遊戯王カードwikiで

Wikipediaには「リンク6回でどんなページにもいける」という話があって、実際に好きなページへ行けるか確かめるという遊びがあります。

で、この6回遊び、ある程度ちゃんとリンクが張られているwikiならどこにでも通用するんじゃないかと思いまして、今回は「遊戯王カードwiki」で同じ遊びをしてみました。

yugioh-wiki.net

 

検証

 

適当なカードから別のカードのページへ、リンク6回以下で行けるかを確かめるだけ。今回は、ページ下部にあるタグは使用しません(簡単になっちゃうので)

なお、全て2017年10月8日時点の内容で確認しています。

 

《召喚師アレイスター》→《地霊使いアウス》

アウスを不人気という奴は許さん。

 

《召喚師アレイスター》《オレイカルコスの結界》岩石族地属性《地霊使いアウス》

 

《地霊使いアウス》→《雨天気ラズラ》

眼鏡っ子から眼鏡っ子へ。

どうでもいいですが、OCG開発スタッフは「眼鏡っ子=地味=地属性」みたいな固定観念があると思っていたので、ラズラちゃんが水属性なのはいい意味で驚きました。

 

《地霊使いアウス》《X・E・N・O》悪魔族天使族《虹天気アルシエル》【天気】《雨天気ラズラ》

 

《雨天気ラズラ》→《クリフォート・ツール》

クリフォートのデザインが好き。新規が楽しみです。

 

《雨天気ラズラ》《魔封じの芳香》【クリフォート】《クリフォート・ツール》

 

《クリフォート・ツール》→《モリンフェン》

モリンフェン様スリーブは買うつもりです。

 

《クリフォート・ツール》《クリフォート・ディスク》リリース六武衆《六武衆-ヤリザ》《モリンフェン》

 

《モリンフェン》→《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》

最弱カードから最強カードへ。意外と簡単。

 

《モリンフェン》リクルート《機械複製術》【SPYRAL】《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》

 

《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》→《バイオ僧侶》

自分でもどこでバイオ僧侶のカード名を知ったのか覚えていません。多分こうやってwikiを見ながら暇潰しをしていた時だと思うのですが…。

 

《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》サーチ通常モンスター《もけもけ》【もけもけ】《バイオ僧侶》

 

《バイオ僧侶》→《召喚師アレイスター》

最初に戻る。さぞ難しかろうと思ったらあっさりできました。

 

《バイオ僧侶》下級モンスター融合モンスター《召喚師アレイスター》

 

 

おわりに

やはりというか、当然というか、遊戯王カードwikiでもリンク6回でほとんどのページに飛べると思われます。

今回は、私の好きなカードを中心に、できるだけレベルや種族、属性等が異なるカード同士で確かめたつもりなのですが、選び方が悪いのか何なのか、意外と簡単に行けるんですね…。

もっとマイナーなカードをご存知の方で、お暇な方は遊んでみてください(笑)

ちなみに、リンク「6回」という回数の出どころは、「六次の隔たり」という仮設だそうです。

六次の隔たり - Wikipedia