空想の域

あくまで個人の感想です

感想を書くと文句ばっかりになってしまう不思議

このブログもぼちぼち記事が増えてまいりましたが、これまで色んな作品の感想を書いてみて思ったのですが、普通に感想を書いたつもりがいつのまにか文句ばっかりになってしまうことがよくあるんです。

なんでだ?という話です。結論はないです。

 

昔は、ネットのきついレビューなんかを見て「もう少しやんわり書いたらいいのに」と思ったものですが、気づいてみれば自分もいちゃもんが多いことに、この頃気づきました。

もちろん、全然面白くなかった作品を「面白くなかった」と書くのは普通です。でも、「基本的には面白いけど、不満点もある」ような作品についてでさえ、いつの間にか不満点にばかり書いてしまうのだから不思議です(実際に公開している記事はそこから修正に修正を加えた文章なので、そこまで愚痴っぽくはなっていないと思うのですが…)

 

やっぱり「人間、基本は否定の方がやりやすい」のかな、って気がします。だから、あまり考えずに書いていると、自然とその傾向に流されて、否定的な感想ばっかりになってしまう…。

そう言えば、学生時代に「レポートを書く時は、自分の主張に対する反論を仮定して、それに再反論する形式で書くと書きやすい」と習いましたし、やっぱり否定から入るほうがやりやすいのかな、と。

 

後は、肯定より否定のほうが筆がのる気がします。

肯定的な感想は「面白い」とか「楽しかった」だけですけど、否定的な感想は、あれがダメ、どのようにダメ、別の作品に比べるとダメ、もっとこうすれば面白い、とにかく生理的に無理、等々…色々な書き方ができるんです。

だから、仮に内心では評価点と不満点が半々だったとしても、文章としては不満の方が多くなってしまう。

そう考えると、ネット上の過剰な叩きも、本人は文面から感じるほどの敵意を持ってはいないのかもしれません。

しかし、自分がどう考えていようと相手に伝わるのは文章に書いたことだけですから、「こいついつも文句ばっかり言ってんな」と思われないように心がけたいものです。