空想の域

あくまで個人の感想です

『東京喰種 :re』12巻 感想

石田スイ『東京喰種 :re』12巻の感想です。ネタバレがあります。

 

 カネキチ&トーカちゃん結婚おめでとう!!

11巻のアキラ&亜門に続いて胸が熱くなる展開です。1話丸ごと二人の初体験が描かれていたのは別の意味で熱くなりますが。武臣&依子の結婚式もあり、12巻は結婚ラッシュな巻でした。…が、そう簡単に幸せになれないのが『東京喰種』という作品。

まず、金木の体の老化。老化現象自体は有馬特等の件からも推測できるけど、このタイミングでの言及には嫌な予感しかしない…。

そして、依子が喰種対策法違反で死刑確定。むっちゃんはイカレてる癖に冷静に事を運ぶので怖いっすね。

黒磐親子、ウリ&才子、金木、トーカ等、依子を助けてくれそうな人はいっぱいいますけど、どうなるでしょう。『喰種』は予想外の展開をぶち込んでくることも多いので、想像がつきません。

個人的には「テロリストになる」宣言をした才子ちゃん達の活躍を期待したい。瓜江も思いっきり振られたことだし(笑)、そろそろ六月と正面切って向き合ってほしいです。

 

それと、清子さんの状態が思ったより深刻でビビりました。前の巻でさんぺーが突然六月に協力しだしたのが不思議だったけど、叔母さんがああなってしまったら、その行動もやむなしです。

あと、オカヒラ生きとったんかワレ。おまけ漫画以外でまだ出番があるとは(笑)

かなり真っ当な忠告をしているけど、宇井特等にはあまり響いていないのが悲しい。宇井特等、あの梟戦の頃の輝きはどこに行ったのか…。

 

そして、相変わらず自由行動の旧多。突然の「ラスボス」発言に謎は深まるばかりです。

Qsと何か関係があるの?とか、和修は竜なの?とか、 24区の街を滅ぼした「ナァガ」は「竜」なの?とか…。24区といえば、「あんよがじょーず」という言葉はエトも使っていましたが、彼女も24区と関係があるのでしょうか?

まだ考えて分かるレベルじゃないですね(とはいえ、ちゃんと読んだらヒントがあるのかも)

 

12巻はおまけ漫画も充実していました。それでなくても、「局長(クズ)がお呼びです」やハッピーする四方さんなど、本編も笑いどころ多め。

お腹の子供のために必死に人間の食糧を食べるトーカちゃんと、「生きたい」という執着を持った金木。どうか幸せになってくれることを期待して次巻を待ちます。