『HUNTER×HUNTER』34巻 感想

富樫義博HUNTER×HUNTER』34巻の感想です。ネタバレがあります。

 

 この巻のメインは「ヒソカvsクロロ」です。クロロって登場する度に顔が変わってる気がする(笑)

暗黒大陸どうなってん…という気持ちもありますが、ゲームとか騙し合いとかではない肉弾戦のバトルとしてはトップクラスに複雑な頭脳戦で、読み応え抜群です。

本誌掲載当時も軽くネタバレは見ていましたが、自分で読んでみるとバトルの全容を理解するだけでも大変で、正直共闘説どころじゃない。クロロの能力の説明なんか3回くらい読み返しました。

キャラが能力をべらべらと解説するというツッコミどころを逆手に取り、能力を説明しまくって相手を混乱させるというありそうでなかった戦術。

どんなに複雑で偏屈な能力でも「能力者の性情」や「宣誓と誓約」として合理化できるし、本当に『H×H』って「上手い」です。

 

後半はちょっとだけ暗黒大陸の話。とうとうBW号が暗黒大陸に向けて出発し、王位継承戦が始まりました。

「寄生型の念」という新しい概念も出てきて、王子達の与り知らぬところで念獣が殺し合うようです。

きっとそれぞれの王子がもくろむ方策とは全く異なる展開をみせるのでしょう。もしかしたら一人くらい念が使えて、念獣が見える王子もいるのかもしれませんが。

そして、早速登場した「おヒマ?」の念獣がかわいいです。誰の念獣だろう?

 

個人的に、王子の中ではモモゼ王子がお気に入りです。だってかわいいし(笑)

でも、あまり重要なポジションではなさそうなので、あっさり死んでしまう気がしてならない…。富樫先生はかわいいキャラほど容赦ないから…。ハンゾー頑張ってくれ、頼む。

あと、カチョウちゃんがブス専っぽくてワロタ。護衛は外見で選ぶと言っていたようだけど、見事にブサイクばっかりだ。

 

継承戦、クラピカの緋の目奪還、旅団vsヒソカ…と、様々な話が展開して盛り上がってまいりました。実際に暗黒大陸に着くまではかなりかかりそうですが、道中も面白そうだし期待が高まります。これで休まず連載してくれれば文句ないのに。

35巻の発売も気長に待ちます。