「ロードオブアポカリプス」 感想

2011年にスクウェア・エニックスより発売されたPSP用ソフト「ロードオブアポカリプス」の感想です。ネタバレがあります。

 

厨二感を楽しむゲーム

ファンタジー系狩りゲーです。

狩りゲー代表のMHよりもストーリー重視な作品…ですが、話の内容は実はよく分りませんでした(笑)

主人公が混沌に封じられたマスターガーディアンの力を開放しながら自身の失われた記憶を取り戻し、混沌と戦う…という内容で(多分)、各チャプターをクリアするごとにムービーが流れるのですが、全体的に持って回ったようなセリフが多くて、何となくしか話が伝わってきません。

本作は「ロードオブヴァーミリオン」というアーケードTCGと世界観をがつながっているので、そちらを知っていればより理解できるのかもしれませんが、さすがにアケゲーは手が出せない…。

一つだけ確かなことは、ヴェッテルがかわいいということです(笑)

 

また、パッケージに載っている味方キャラはストーリーにはほとんど絡んできません。

固有のグラとセリフがあるちょっと豪華な汎用キャラというレベル。多少は身の上話もしてくれるのですが、本当に少しだけです。

キャラデザ(絵師は、この前遊んだ「タクティクスオウガ 運命の輪」と同じ政尾翼先生です)は素晴らしいのですが、素晴らしいだけにこの影の薄さは勿体無い。

 

そんなわけで、ストーリーは謎ですが、ゲームの世界観や雰囲気自体はかなり好きです。

ロード中に出てくるドクロマークからして「いかにも」ですが、フィールドの雰囲気やモンスター、装備のデザインまで、まさに厨二ファンタジー。このコテコテ感はたまらんです(笑)

あと、ムービーがきれいです。FFみたいなリアル系ではなくアニメチックなCGで、リアル系GGよりも個人的には好みでした。なんだかんだ言われても、スクエニの映像クォリティは伊達じゃないですね。

 

 

特徴的ゲームバランス

システムはオーソドックスな狩りゲーですが、バランスは結構とんがっています。

まず、色々パラメータがありますが、基本的に攻撃力至上主義。攻撃力が一定以下だとどこを殴っても1ダメージしか入りません。

逆に言えば、できるだけ強い装備を作って回復アイテムを最大数持っていけば、ほとんどの敵はごり押しで勝てます(例外的に、チャプター2ボスのバハムートだけは異様に強いですが)

素材集めは割と簡単なので、意外とへたくそプレイでも何とかなるのはありがたかったです。

 

また、吹っ飛びモーション中も無敵時間がほぼないので、場合によってはハメられます。

タイミング良くガードすることではじき攻撃ができるので、基本的に攻撃は食らうなということなのかもしれませんが、「タイミング良くボタンを押す」ことが超苦手な私には厳しかった…。

 

まあでも、一番ツッコみたいのは、「キャラメイクのボイスがすごく微妙」だということ。

ボイスが気に入らなくて三回くらいキャラメイクし直したのですが、それでもしっくりこない。多段ヒット技を食らってやられボイスが連続再生されると笑っちゃいます。

マスターガーディアンたちは豪華声優なのになぁ(笑)

 

 

おわりに

プレイ時間は40時間ほど。まだ完全クリアではないですが、一応ストーリーが終わったので、残りは気が向いたらやろうと思います。

正直、「めちゃくちゃハマった!」ってほどではないのですが、作品の雰囲気は好きですし、暇つぶしにぼちぼちやるにはいい作品だと思います。