うまるちゃんの家庭事情を探る

6月2日はうまるのお兄ちゃん・タイヘイの誕生日です。おめでとうございます。
というわけで(?)今回はうまるとタイヘイの実家について考えます。

 

うまるの実家

うまるの実家については1巻ですでに言及されています。 

 「うまるちゃんのお父さんは土間コーポレーションの社長さんらしいよ」「え!?あの大手企業の!?」*1

うまるの実家は金持ちです。小さい頃のうまるがお高そうなマンションに住んでいる*2ことからみても間違いないでしょう。

しかし、現在二人が住んでいるアパートはそれに比べるとだいぶグレードが低い。

そもそも、親が社長なら息子のタイヘイは後継ぎとして土間コーポレーションに就職するはず。それをしないということは両親と確執でもあるのでしょうか。

とはいえ、思いつきで車を買おうとしたり、何だかんだでうまるにそれなりの額のお小遣いをあげたりすることからして、お金に困っているわけではなさそう。

質素な生活をしているのは単にタイヘイの気質で、親と別の会社にいるのは社会勉強か、単にぼんば達と一緒に仕事がしたかっただけなのかもしれません。

 

 

うまるの両親

お母さんはうまるそっくりの美人さん。お父さんは未登場で、前述の会社社長という情報があるだけ。なぜうまるをタイヘイのもとで生活させているのかは謎です。

タイヘイが「うまるが俺の家にやってきて1年…」*3と言っているので、うまるがタイヘイと暮らすようになったのは恐らく高校入学時。

それだけなら通学時間短縮のため等の理由も考えられるのですが、うまるの三者面談にさえ兄のタイヘイが出席していることを考えると、やはりそれだけではないでしょう。

この手の作品にありがちなのは「海外出張中」という設定ですが、果たして…。

 

 

兄弟の年齢

最後に二人の年齢について。

うまるは16歳です。タイヘイの年齢は明言されていませんが、タイヘイ自身が「社会人になってからもう5年くらいか…」*4と言っており、うまるの通っている荒矢田高校で10年前に表彰された*5ことから、大卒+社会人5年で27歳(くらい)と考えられます。

お兄ちゃんの大学時代の思い出話は今のところなくて、お兄ちゃんが大学に行っていたという確証はないのですが、名門校の成績優秀生徒が進学しないというのは考えにくいので、恐らく大卒でしょう。

大学時代については、取り立てて話すことがないのか、今後の展開のための伏線なのかは気になるところです。

また、二人兄弟で10歳も年が離れているというのも珍しいですね。

 

 

おわりに

ということで、分かるようで分からない土間家についてでした。

両親はどこで何をしているの?というのが一番気になるところでしょうか。三者面談の話で出てくるのかと思ったのですが、結局影も形も見えませんでしたね。社会人のタイヘイはまだしも、学生のうまるを放っておくのは何か理由があると思うのですが…。

やっぱり、二人の過去は気になります。物語の本筋には関係ない部分なので、このまま明かされず仕舞いということも十分にありえますが、これからも注目していきたいです。