空想の域

あくまで個人の感想です

『東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.』1~7巻

原作:ZUN/作画:あずまあや『東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.』の7巻までの感想です。ネタバレがあります。

 

数ある東方コミカライズ作品のうちの一つです。お馴染、霊夢魔理沙と仙人・茨木華扇による日常系ストーリーです。

 

東方の漫画として

基本的に一話完結のエピソードで、少女たちのゆるい日常と、たまに起きる異変と、幻想入りした日本の風習に対するうんちく、という不思議なとりあわせで構成された、いかにも「東方らしい」作品。原作の雰囲気をしっかり再現しています。

東方を抜きにして「一風変わった世界観の日常系漫画」として見てもそこそこ面白いと思うのですが、世界観やキャラ設定の説明が思いのほか少ないので、東方を知らない人にはとっつきにくそう。

もともと東方ファンしか相手にしていないと言われれば「そーなのかー」としか言いようがないのですが、ちょっと勿体無い気もします。

同じ東方漫画の『東方三月精』には間違いだらけの原作紹介ページがあったものですが…。

また、原作ゲームの新作とのつながりもあるようですが、私はゲームの方は「神霊廟」までしかやっていないので、そのあたりは分かっていません。

 
絵柄がいい

原作ゲームを買わなくなっても漫画を集めているのは、作画のあずま先生の絵柄が好きだという部分が大きいです。

絵柄は結構変化しているのですが、初期はざかざかとした味のある感じで、最近は線がすっきりと洗練されて見やすくなっていて、どちらも好きです。2巻以降はカラーページがそのまま収録されているのも嬉しいですね。

また、キャラクターの服装が季節に合わせて変化しているのが素敵。

衣装チェンジは女の子の可愛さを引き出すには最適だと思うのですが、やっぱり考えるのが大変なのか、やってる漫画は少ないですよね。そんな中、主人公のみならずゲストキャラの分も考えられていて、この気合の入りようは素晴らしい。

おまけとして簡単な設定画まで載せてくれるので、いつも見るのが楽しみです。

 

おわりに

先ほど日常系漫画といいましたが、物語にまったく山もオチもないわけではなくて、謎に満ちた華扇の正体がストーリーの大きな軸となっています。

仙人を自称しながらも鬼であることが示唆されている華扇ですが、今後どのような展開を経て、どのような決着がつくのかは非常に気になります。

が、掲載雑誌が隔月誌で単行本も1年に1冊程度しか出ないため、なかなかもどかしい…。いつも忘れたころに発売しています(笑)

いい意味でゆるく読める作品だと思うので、霊夢のようにのんびり待ちましょう。

 
余談

漫画と直接の関係はないですが、下記のサイトであずま先生のイラストメイキングが見れます。偶然見つけたものですが、非常に興味深かったので是非。

howto.clip-studio.com