空想の域

あくまで個人の感想です

『干物妹!うまるちゃん』9巻

サンカクヘッド干物妹!うまるちゃん』9巻の感想です。ネタバレがあります。

 

 9巻の表紙は切絵ちゃん。家うまる(というよりは「ししょー」かな)も切絵ちゃん画です。

本編では切絵ちゃんにとうとうデレ期が…。とはいえ、ジグソーパズルや写真などの思い出の品を大切に取っているところからして、本来は兄思いの優しい子なのでしょう。

ぼんばもちょっとデリカシーがないだけで根はいい奴なので、二人が仲直りできる日はそう遠くなさそうです。

 

9巻の目玉は何と言ってもタイヘイお兄ちゃんの誕生日。でも、一度は「お金がないからお祝いはいいか」って思ってしまうところがうまるらしい(笑)

一方の海老名ちゃんは相変わらずの純情。卒業までにタイヘイと結ばれるかな? 海老名ちゃんは、 素直でかわいくておっぱいが大きいので、つい応援したくなっちゃいますね。

うまるとタイヘイのお出かけは、もう誰が見てもデートですね。「いじわる!」って言ううまるが可愛くて終始ニヤニヤしっぱなしでした。いいね、うん。いい(語彙力不足)

また、七夕にゲームを買ってやるなど、タイヘイは相変わらずの聖人っぷり。欲に駆られながらもお兄ちゃんの健康を願ううまるもかわいいです。いいね、うn(略)

なお、本日11/23はいい兄さんの日です。おめでとう(?)お兄ちゃん!

 

ところで、今まであまり気にしていなかったのですが、『うまるちゃん』の世界はいわゆるサザエさん時空なんでしょうか?

お兄ちゃんの誕生日の話は今回が初めてだと思うのですが、クリスマス→お正月の話は3巻、5巻、8巻の3回あって、『うまるちゃん』開始時点でうまるの年齢が16歳なので、3年したら大学生になってしまいます。

まあ、この辺にツッコミを入れるのは野暮ですね。正直、あと10回くらいお兄ちゃんの誕生日の話があってもいいです(笑)

 

10巻は来春、なんとDVD付版が発売されるということで、今から楽しみですね。